4つの債務整理のメリット・デメリット|闇金による借金は債務整理で解決できる?

債務整理には、以下の4つの方法が存在します。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

これらの債務整理には「メリット」と「デメリット」が存在するため、しっかりと理解しておかないと、後悔する可能性が出てくるんですね。

また借金の中には、闇金から借りてしまった・・・という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、債務整理のメリット・デメリット闇金から借り入れした借金は債務整理できるのか?などを解説していきます。

債務整理のメリット・デメリットとは

ではさっそく、債務整理の代表的なメリット・デメリットを、4つの方法別でみていきましょう。

任意整理のメリット・デメリット

【メリット】

  • 支払い催促が一旦ストップする
  • 裁判所を通さずに債務整理ができる
  • 周囲の人に知られるリスクが低い

【デメリット】

  • 債務がゼロになるわけではない
  • ブラックリスト入りする

弁護士に依頼して任意整理を行うと、金融機関からの支払い催促が一旦ストップします。

この期間は急いで支払いを行う必要がないため、これが大きなメリットに感じる人も少なくありません。

 

ただし、任意整理は債務をゼロにできる手続きではなく、将来の利息をカットする手続きです。借金は残った状態のままとなるので、この点が大きなデメリットになってしまうでしょう。

特定調停のメリット・デメリット

【メリット】

  • 手続きにかかる費用が安い
  • 自分の財産を守ることができる
  • 債権者への返済が一旦ストップする

【デメリット】

  • 調停の準備に手間と時間がかかる
  • 専門的な知識が要求される
  • 過払金の請求を同時に進行できない
  • ブラックリスト入りする

一般的な債務整理は、弁護士をはじめとする専門家に依頼するケースが多いですよね。

一方、特定調停は自分自身で裁判所に申し立てを行い、債務の減額が可能となる手続きです。

そのため、手続きにかかる費用が少ないといったメリットを得ることができます。

また、特定調停は車や持ち家といった自分の財産を手放さずに済む方法となるので、精神的な負担が少なく済むでしょう。

 

ですが、自分で動かなくてはいけない分、調停の準備に手間と時間がかかってしまったり、専門的な知識が必要です。

さらに、払い過ぎた利息を戻す手続きとなる「過払い金請求」に関しては、特定調停の手続きと同時進行することができません。手続きが別途必要になります。

個人再生のメリット・デメリット

【メリット】

  • 債務を最大1/10まで減らすことができる
  • 債権者に対して法的強制力がある
  • いかなる理由の借金でも適用が可能

【デメリット】

  • 手続きを自分でするのが難しい
  • 個人再生を適用するのに費用がかかる
  • ブラックリスト入りする

個人再生の大きなメリットは、借金を最大1/10まで減額できることです。

上記でご紹介している任意整理よりも、債務が少なくなるため、生活が楽になるでしょう。

また、返済が難しい特別な事情がある場合は、期間を5年間に延長してもらえるので、余裕を持って分割での返済が可能になります。

 

ただし、個人再生の手続きが非常に複雑です。

必要書類がとても多く、専門的な知識がない人は自分で行うのが難しいかもしれません。

さらに、個人再生の手続きにはさまざまな費用が発生します。

個人再生委員の選任にも、高額な費用が発生する可能性があるので、この点は大きなデメリットです。

自己破産のメリット・デメリット

【メリット】

  • 債務がなくなる
  • 精神的に楽になる

【デメリット】

  • 家族や会社に隠すのが難しい
  • 自分の財産を手放さなくてはいけない可能性がある
  • ブラックリスト入りする

自己破産は、債務をゼロにできる手続きです。

返済義務がなくなるため、借金によって精神的なストレスを抱えていた方は、楽になることができるでしょう。

この点は、あらゆる人に当てはまる自己破産のメリットです。

 

ですが、自己破産したことにより大きなストレスを抱える可能性も出てきます。

なぜなら、家族や会社にばれてしまう可能性があるからです。

自己破産した人は官報に名前が記載されるため、他人に知られてしまう可能性があります。

 

また、自己破産の手続きを行うと持ち家は処分しなくてはいけません。

車に関しても、よほどの事情がない限りは「時価評価額」にて、換価手続きが行われます。

闇金業者に債務整理は適応できない

そもそも債務整理とは、返せなくなった借金を整理することを指します。

利息分をカットしてしまう「任意整理」や、元金を減額してもらう「個人再生」などが存在しますが、債権者と債務者が交渉を行うことで可能となる制度です。

 

しかし闇金業者は、貸金業の免許も取得していない違法な業者となるため、交渉の余地がありません。

返すことができないような高額な金利を設定しているケースが多いため、弁護士に依頼したとしても、話し合いに応じてもらえる可能性は極めて低いでしょう。

 

逆に、弁護士を通して債務整理の交渉を持ちかけることにより、違法な取り立てを始めるケースも少なくありません。

  • 自宅に直接押し掛けてくる
  • 会社に何度も催促の連絡をしてくる

このような悪質な業者も多いため、慎重に取り扱いを行う必要があります。

闇金の過剰な取り立ては法律違反

闇金業者に借り入れを行い、返済が滞ってしまうと、過剰な取り立てを行うだけではなく、嫌がらせ行為も始まる可能性があります。

実際に闇金業者から借り入れを行った人の中には、「頼んでもいないピザが自宅に20枚も届いた」といったケースもあるんですね。

 

しかし、これらの嫌がらせや過剰な取り立ては、すべて法律に違反していますし、貸金業としての免許を取得していない状態で借り入れを行っているのは、運営自体が法律に反しているんですね。あからさまな嫌がらせや、取り立てが始まったら、警察に相談して闇金業者を罰してもらうしかありません。嫌がらせを受けた内容や日時を細かく記録し、「警察庁相談ホットライン」に連絡しましょう。警察に正しく対処してもらえば、闇金から借りた借金はゼロにすることができます。

 

ただし、だからといって闇金業者を安易に活用してはいけません。

家族や近所への影響を考えると、闇金業者から借り入れを行うことで、社会的信用は著しく失います。どんなに困った状況であっても、闇金業者には手を出さないことが大切です。

消費者金融の借金が返せなくなったら早めに債務整理をしよう

消費者金融やクレジットカード会社の借金が膨らんでしまい、どうしても返せなくなってしまったら、闇金業者に手を出すのではなく、弁護士に相談して債務整理を行ってください。

任意整理なら、対象者を選んで整理することができますし、将来的な不足分をカットすることで返済にゆとりが出ます。

 

また、今現在の返済能力が低い場合には、元金を減額してもらえる個人再生や、債務をゼロにできる自己破産手続きを行うことで、生活を楽にすることが可能です。

どの方法で借金を整理すれば良いのかわからない人も、弁護士に相談することで解決の糸口が見つかります。

借金する → 返済できない → 闇金にお金を借りる

このような負のループに陥らないためにも、弁護士などの専門家に相談しましょう。

まとめ

債務整理には今回ご紹介した4つの方法がありますが、どの方法を選んだとしても、信用情報機関に個人情報が登録されてしまうため、ブラックリスト入りは免れません。

クレジットカードが発行できなくなったり、住宅ローンを組めなくなったりする可能性は、残念ながら高くなってしまうでしょう。

債務整理を行うことで負担が楽になると、前向きになれるといったメリットがあります。

 

しかし、どの方法が一番適しているのかを、自分自身で判断するのは難しいでしょう。

借金問題で生活が苦しかったり、闇金の取り立てが悪質で酷かったりするなら弁護士に相談してみましょう。

 

ちなみに、債務整理を弁護士に依頼を考えている広島のお住いの方は、宮重法律事務所へ相談してみてください。

相談実績が2,000もあり債務整理問題に強いです。

投稿日:

新しい記事はありません