任意整理の失敗とは?失敗をしないためにできること

任意整理の失敗?そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、債権者という相手のあること、当然失敗するリスクが伴います。大切なのはどのような失敗があって、それをどう回避するかを事前に知っておくことです。
今回は任意整理の失敗例と、失敗しないためにできることを解説します。

任意整理の失敗例

弁護士に依頼したことで安心しきっている人もいるかもしれませんが、そこがゴールではありません。失敗例を事前に把握しておきましょう。

任意整理に応じない

任意整理とは、本来得られるべき利益を放棄する行為です。契約をし、利益として約束されていた売り上げが入らなくなる、債権者としてはたまったものではありません。そのため、次のような理由を上げ応じない業者もあります。
・任意整理に応じた前例がない
・返済の実績が一度もない
・債権者の経営が苦しい
・知名度の低い街金など
いくらベテラン弁護士であっても、債権者が受け入れないと任意整理はかないません。多くの弁護士は、受け入れをしない業者をリストアップしています。任意整理ができない業者が多い場合は、他の債務整理に切り替える必要も考えなければいけません。

任意整理の金額が多額

任意整理では、債務者の生活は救われないと判断し、失敗をするケースです。任意整理は借金が0になるわけではありません。債権者が多くなると、いくら残金を減らしても、月々の返済額は多額になります。
債権者がその事実を知った場合、果たして任意整理に応じるでしょうか。任意整理をしたところで最終的には、その金額すら返済されないと考えるのは当然です。支払い計画が無謀な内容で和解契約をすると、債務者の給料を差し押さえることもできなくなります。金額によっては、債権者に任意整理を受け入れられず失敗をするかもしれません。

任意整理後の支払いが滞る

債権者が任意整理に応じたが、支払いが滞り失敗をするケースもあります。会社を解雇された、ケガや病気を患ったなど、支払いができなくなる理由は人それぞれです。どんな理由があるにせよ、支払いが滞れば債権者もだまってはいません。
万が一、任意整理に支払いが滞る可能性が生じた場合は、速やかに弁護士へ連絡をしましょう。どのように対処すべきか、判断を仰ぐようにしてください。

債務者の虚偽

債務者の味方でもある弁護士に真実を隠し、虚偽の内容で任意整理の話を進めると失敗をします。任意整理をした業者以外にも借り入れがあり、内緒の借金は自分で何とかするなど、隠している事実があれば確実に失敗をします。
例えば企業などでなく、個人的に借り入れをしていた場合です。弁護士は、月々4万円なばら無理のない返済計画だと見ていました。しかし実際は個人的な借り入れがあり、月々の返済が7万円だったのです。
虚偽をする債務者は、万が一任意整理で和解契約ができたとしても、今度は返済をするために新たな借入先を無理やり探す傾向があります。そのような人をターゲットにする街金もあることから、非常に危険な状況に陥ることでしょう。
また、虚偽が途中で発覚し弁護士が辞任されれば、滞っていた請求が一気に押し寄せることもあります。明らかな任意整理の失敗です。

任意整理を失敗しないためにできること

それでは、任意整理を失敗しないためにできることを確認しておきましょう。

真実を打ち明ける

一番大切なことは、真実を打ち明けることです。多重債務は、一人で解決できる問題ではありません。解決をできる人ならば、多重債務になる前に行動を起こします。自分ではどうしようもできない状況になった場合、真実を伝えないことは百害あって一利なしと思ってください。
弁護士は依頼者の味方、力を発揮してもらうためには信頼関係が必要不可欠です。虚偽の内容や、言い忘れていたなど言うことが無いようにしましょう。

費用が安価で信頼できる弁護士事務所に依頼をする

費用が安価で信頼できる弁護士事務所を探し、まずは無料相談を行いましょう。任意整理は費用が必要です。その費用以上の効果が期待できるかどうか、その点を信頼できる弁護士を探し確認をしましょう。
また、意味のない任意整理をしても仕方ありません。ご自身は任意整理をしてもらうつもりで弁護士事務所を訪れたとしても、助言から破産宣告が妥当と言われるかもしれません。この場合も、納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。
信頼できる弁護士を見つけ的確なアドバイスから、最も良い方法を選択することが、失敗をしないための方法です。

投稿日:

新しい記事はありません