任意整理後に債権者への返済が払えなくなったらどうなる?状況別の対処法を解説

任意整理では、将来的な利息分をカットしてもらうことができるため、債務の支払いが楽になります。

しかし一方で、債務がゼロになる自己破産手続とは異なるので、たとえ利息分をカットしたとしても、支払いが困難になるケースは少なくありません。

そこで覚えておきたいのが、任意整理を行った後に、債権者への返済ができなかった場合の対処法です。

・支払い期日に間に合わなかった
・期日から2ヶ月以上滞納している

このページでは、滞納によるペナルティーと、どのように対処するべきかを解説しています。

お困りの方は、ぜひ役立ててみてください。

支払い期日に間に合わなかった場合(2ヶ月以内)の対処法とペナルティー

任意整理を行うと、将来的な利息がカットされて返済が減額されるメリットがある反面、期日までにしっかりと支払う約束を行います。

しかし実際には、一生懸命働いていても一時的に返済が困難になる場合がありますよね。

このような場合、滞納しているのが2ヶ月以内かつ初めてであれば、特に大きなペナルティーはありません。

しかし、滞納が2回続いてしまうと、和解契約によって得た利益が喪失してしまい、債務を全額で一括請求される可能性が出てきます。

できるだけ早く返済できるようにするためには、生活費を削ってでも返済にあて、困った分を親族から融資してもらうようにしましょう。

また、すきま時間に副業を取り入れることで、収入を増やすことも可能です。

ただし、企業によっては副業を認めていなかったり、届け出なくてはいけなかったりするケースもあるため、しっかりと確認してから実行するようにしてください。

支払い期日から2ヶ月以上滞納している場合の対処法とペナルティー

定められた支払い期日から、2ヶ月以上の滞納をしてしまうと、任意整理を行った際の和解による利益がなくなり、業者から一括での請求が行われます。

このような事態に陥ると、振り出しに戻ってしまうため、次のような方法で対処しなくてはいけません。

・債権者と再度和解を結ぶ
・任意整理対象外にした業者の追加介入を行う

まず、再度和解を行う方法ですが、こちらはもう一度任意整理をする必要が出てきます。

しかし、弁護士に依頼したとしても、一度滞納してしまうと、和解するのが難しくなってしまうことは覚えておかなければいけませんね。

そして、追加介入を行う方法ですが、こちらに関しても対象外にした業者と、任意整理の手続きが必要となります。

対象外にした業者を整理の対象に加えることで、借金総額を楽にすることができるからです。

全体的な債務を少なくすることにより、滞納せずに支払いができるようになります。

債務整理後に滞納が続いてしまった時の選択肢

上記でご紹介したのは、次のようなケースに該当する方です。

・支払い期日を1回だけ守ることができなかった
・支払い期日から2ヶ月以上滞納してしまった

しかし、債務整理を行った人の中には、繰り返し滞納してしまったり、支払い期日から大幅に遅れてしまったりすることがありますよね。

このようなケースでは、任意整理以外の選択肢を選ぶしかありません。

具体的には、いずれか2つの方法です。

・個人再生
・自己破産

個人再生は、任意整理のように将来的な利息分をカットするだけでなく、借金の元金を減らすことができるため、返済が大幅に楽になります。

この制度を活用すれば、ある程度の財産を確保しながら、債務を整理することができるんですね。

そして自己破産ですが、こちらは免責によって債務が全額免除されます。

支払い義務から解放されますが、不動産や車をはじめとする財産は残すことができません。

任意整理で支払えなくなった場合の最終手段ですが、今後も滞納が続くようなら、検討してみる価値があるでしょう。

任意整理後の滞納は1人で悩まずに弁護士に相談を

せっかく任意整理をしたのに、債権者への返済が困難になってしまうと、周囲の人に相談することができず、1人で思い詰めてしまうケースも少なくありません。

しかし、このような切羽詰まった状況だからこそ、法的な知識を持つ弁護士が役立ちます。

個人再生や自己破産についても親身に相談に乗ってもらえるので、ぜひ役立ててみてください。

投稿日:

新しい記事はありません