「債務整理」と「おまとめローン」はなにが違う?メリット・デメリットをわかりやすく解説

複数の業者から借り入れた借金を一本化する「おまとめローン」は、返済を楽にできるイメージがありますよね。

借金を整理する目的で行われる債務整理と何が違うのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、債務整理とおまとめローンの違いを、メリット・デメリットを交えながら、わかりやすく解説していきます。

どちらの方法で返済をするべきかお悩みの方は、ぜひ役立ててみてください。

おまとめローンの特徴

そもそもおまとめローンとは、冒頭でもご紹介したとおり、「借金の一本化」を目的に行います。

複数の消費者金融や、クレジットカード会社から借り入れした借金を、1つの業者にまとめてしまうことで、返済を楽にすることができるからです。

しかし、銀行が行っているおまとめローンには、次のようなメリットとデメリットが存在します。

おまとめローンのメリット

・金利の負担を軽減できる可能性が高い
・返済先を1つに絞ることで管理がしやすくなる

おまとめローンの大きなメリットは、金利の負担を軽減できるところにあります。

なぜ、借金を一本化することで、金利負担を軽減することができるのかというと、利息制限法で定めている上限金利が以下となるからです。

・100,000円未満 → 上限金利20%
・100,000〜1,000,000円未満 →上限金利18%
・1,000,000円以上 →上限金利15%

仮に、30万円づつ複数の業者で借り入れを行っている場合には、上限金利の18%が適用されている可能性があります。

しかし、借金を一本化して1つの業者に100万円を超える借り入れを行うことにより、上限金利は15%となるため、金利を下げることができるんです。

また、返済先を1つにまとめることにより、自分自身でも借金の返済管理がしやすくなります。

おまとめローンのデメリット

・大幅に金利を下げることができない
・審査に通らない可能性がある
・一本化しても元金は変わらない

おまとめローンは、金利を下げることで返済を楽にできますが、上記の例を見ていただいてもわかるように、3%程度しか金利は変わりません。

そもそも元金は変わらないため、返済に大幅なゆとりができる可能性は極めて低いんですね。

また、銀行のおまとめローンは、消費者金融やクレジットカード会社の審査と比較しても、厳しくなります。

審査が通らず、利用できない人もいることを覚えておいてください。

債務整理なら元金を減らしたり将来的な利息分をカットできる

債務整理は、いくつかの種類が存在します。

よく活用されている任意整理では、将来的な利息分をカットすることにより、元金のみを分割で支払うことが可能なんですね。

また、返済能力が低下してしまっている場合には、個人再生手続きにおいて元金を減額することもできます。

どうしても返済できなくなってしまった人は、最終手段として自己破産手続きを行うことも可能なので、債務整理とおまとめローンでは内容が大きく異なるんですね。

しかし、おまとめローンには「信用情報機関」に事故情報が登録されないといった、大きなメリットがあるのも確かです。

債務整理は、どの方法を選んでも金融事故情報が登録され、ブラックリスト状態となります。

一度ブラックリスト入りしてしまうと、一定期間はローンを組んだり、クレジットカードを発行したりすることができません。

このような事態を避けたい人や、金利を少し減らすことで返済できる見込みがある人は、おまとめローンが有効かもしれませんね。

債務整理とおまとめローンで悩んでいる人は専門家にアドバイスをもらおう

借金総額が大きくなると、どのような方法で返済していけば良いのか、解決法がわからなくなってしまう人も少なくありません。

自分がどの方法を選択するべきか迷った際には、借金問題に詳しい弁護士にアドバイスをもらいましょう。

なお、弁護士には守秘義務があるため、借金問題を相談したとしても家族や周囲の人にバレてしまう心配はありません。

ぜひ、気軽な気持ちで相談してみてください。

投稿日:

新しい記事はありません